予約について

当院は、予約優先です

●当院は、予約優先になっております。
初回のご予約はお電話でお願い致します。
電話
0957-25-8355  
診療時間
月 〜 土・祝 8:30〜12:30 / 14:00〜19:00
日   曜 休診日
●初回診療の方は、保険証を忘れずにお持ち下さい。
※フェイスタオルをご持参下さい。 
※駐車場は16台無料。混雑した場合、鍵をお預かりする場合がございます。

治療・料金について

治療法の種類

●手技療法
全身のバランスを調節します。基本的に手で治します。



●機械療法
ウォーターベッド
・ 人の手が届かないからだの深部の筋肉(体幹)を、水の力で施術します。ローラーではない水の力でマッサージしますので、身体にとてもやさしいです。
・リンパマッサージをしますので、デトックス効果(体内の毒素を出す)があります。
・ 内蔵の働きを良くし、血圧の安定などに効果があります。
フットマッサージ
・「第2の心臓」と言われるふくらはぎや、全身のツボが集中している足のウラをアプローチし、血行を良くしていきます。
・ 血流が良くなることにより「疲れ」「むくみ」「冷え」が解消します。
足温浴
・ 遠赤外線を用いて身体の内部から温めることにより、新陳代謝を良くして、血行を促します。
・ 身体の中の老廃物を洗い流す作用があります。
・ 点照石(ていしょうせき)という特別な石を入れていますので、保温効果が高まり相乗効果により、身体が温まります。
 

料金

●健康保険証の有無や種類により異なりますが、通常の目安として提示いたします。
    
    初回1,600円前後(手技療法費含む)
    次回より600円前後(手技療法費含む)

自宅でのケアについて

足を捻挫したら

まずRICE処置をします。RICEとは、安静(REST)、冷却(ICE)、圧迫(COMPRESSION)、挙上(ELEVATION)の4つの処置の事です。
『安静』は受傷部位の悪化を防ぎます。動かさないようにします。 『冷却』は受傷部位の痛みを軽減させ出血を抑えます。
受傷後10分〜15分以内に患部を濡れタオルで覆い、その上からビニール袋に入れた氷をあてます。さらに弾性包帯(伸縮性包帯)等を巻くと『圧迫』にもなります。氷やタオルがが無い場合、流水でもOKです。
『圧迫』は受傷部位の腫れを防ぎます。氷が無くても弾性包帯を巻きます。きつく巻き過ぎないように注意!
『挙上』は受傷部位の出血を抑えます。患部を心臓より高い位置にします。まずこのRICE処置をすぐ行ってください。はり灸整骨院へはその後いらしてください。

突き指をしたら

無理に引っ張ったりせずにRICE処置をします。
同時進行ではり灸整骨院に指導を仰ぐ連絡をするか、『RICE』処置後にご来院下さい。

ふくらはぎがつったら

ふくらはぎをストレッチするように伸ばします。まず、長座の姿勢でつま先を手前に引きます。そして、ふくらはぎを伸ばしながらマッサージします。30秒程度ストレッチとマッサージを続けると治まります。
ただし、すぐにスポーツに復帰すると再発しやすいので気を付けて下さい。

骨折をして病院でギブスがとれたら

ギブスが取れて「もういいですよ。」と終わるようなことがありましたら、はり灸整骨院へお越し下さい。
本当の治療はここからが勝負です。『日常生活での痛み』はもちろん、『練習復帰まで』の治療が必要です。

こんな時温めていいの?

急な痛みは冷やすのが原則です。例えば、捻った(捻挫)・ぶつけた(打撲)ような時です。先程出てきたRICE処置をします。

慢性的な痛み・いつもの痛みは温めます。例えば、痛めてから3日以上経った・最近ずっと痛むと言うような時です。温シップやサポーター、お風呂で温まって下さい。

傷害保険・報告書について

傷害保険など

●のぶ院では、『スポーツ保険』・『傷害保険』・『生命保険の傷害特約』などの証明が出来ます。
一般の患者さんはもちろん、学校内のケガ、部活動や地域スポーツでの傷害に対して保険が適用されます。その証明が出来ます。
 
●また自己申告での保険金請求に対しても無料で相談に乗っています。
学校で入っている『学校内でのケガによる事故の保険』の証明は、無料で発行しています。
また、小学生・中学生・高校生などで、学校の先生や部活の顧問、体育の先生に症状と経過を報告したい患者さんや、それを必要としている顧問の先生には、『経過報告書』を無料で発行しています。必要があれば、その都度何回でも無料で発行します。
 
●クラブや少年団・地域スポーツのケガについて
クラブや少年団・地域スポーツでのケガの場合、個人で加入している傷害保険のほかに、その所属団体で 『団体スポーツ保険』 に加入している場合が多いので、こちらもご相談下さい。

報告書について

●のぶ院では、スポーツ患者さんのケガの症状・治療機関・できる練習の範囲・練習開始時期 ・試合出場などについてコメントした書類を発行しています。 
一緒に来られたご両親様には直接口頭で説明が可能ですが、小学生・中学生本人がクラブや少年団のコーチ・体育の先生・部活の先生には口ではうまく伝えられない場合があるのと、選手とそ のケガについてコーチや先生方に理解しておいて頂きたいからです。
このコミュニケーションによって練習や大会の参加や、選手交代がスムーズになります。
 
●練習メニューの作成や今後の予定も立てやすくなります。
 もちろんお急ぎの場合にはお電話での報告もしています。これらはすべて無料です。